生命保険による相続税対策の注意点(その4)

前回の続きとなります。

質問 生命保険に係るリビング・ニーズ特約に基づく生前給付金を

   被相続人が受け取り、その直後に死亡したが、相続財産として

   課税されるか?

回答 課税されます。

   生前給付金が現金又は預貯金等として存在している場合には

   相続財産として計上しなければなりません。

 

質問 死亡保険金と合わせて前納保険料も戻ってきたが、相続財産と

   して課税されるのか?

回答 課税されます。

   戻ってきた前納保険料も含め、基礎控除(相続人の数×500万円)

   を超える部分が、みなし相続財産として相続税の課税対象と

   なります。

 

質問 遺産分割に当たり、現預金がないので死亡保険金から代償分割

   することとして、その代償債務を相続税の課税価格から控除

   してよいか?

回答 控除できません。

   代償分割は、本来の相続財産を現物分割することに代えて

   行われるものですが、死亡保険金は、受取人固有の財産です

   ので代償債務の対象財産にはなりません。

   したがって、課税価格から控除することもできません。

   なお、もし、死亡保険金から支払った場合には、その金額は

   贈与となります。

 

上記内容について詳しく知りたい方は、当サポートセンターまでご相談ください。

 


ノースアクティブイノベーション

ページトップ