相続税の連帯納付義務(その1)

a0002_011007.jpg

相続税の申告により納付すべき相続税を滞納するとどうなるのか・・・

前回までのコラム「納税義務の承継について」では、被相続人の未納の税金を相続したケースについて解説しました。

今回からは、相続税申告よって、相続人に納付すべき相続税がある場合に、相続人のうちの誰かが納税をせずに滞納するとどうなるのか、というケースです。

相続税(及び贈与税)は、相続(又は贈与)により取得した財産に対して課税するという「財産税」です。

そのため、財産の取得者である相続人や受贈者によっては、その財産の種類により金銭納付が必ずしも容易ではないケースがあります。

一方、税金を徴収する国にとっては、租税債権を確保・徴収し易くする必要があります。

これらの理由を背景として、相続税(及び贈与税)には連帯納付義務という制度が設けられています。

なお、皆さんがご存知の延納・物納制度も、上記と同様の理由から設けられている制度と言えるでしょう。

次回以降、具体例や諸問題を取り上げていきます。


この記事の著者

飛田春陽

税理士

飛田春陽

高付加価値の提供により、顧客満足度を向上できるよう頑張ります。
どうぞよろしくお願いします。

札幌 税理士法人ノースブレーン

ページトップ