納税義務の承継について(その3)

a0002_011007.jpg

前回に引き続き、納税義務の承継についてです。

今回は具体例を挙げて説明します。

(例)

・遺産  3000万円

・未納税金 300万円

・相続人3名で法定按分

      ↓

1名当たりの相続財産は・・・

・プラスの財産     1000万円

・相続した未納税金   -100万円

手元に残る財産     900万円

他の相続人2名の未納税金合計200万円 < 900万円 となるので、

自分の相続分以外に200万円の納税リスクが生じます。

これが納付責任という考え方です。

ここで注意すべき点は、上記1000万円からは、他の債務分を控除することは出来ないという点です。例えば銀行ローンとかが該当します。

あくまでも「プラス財産-未納税金=手残り分」の考え方となります。

他の相続人が納税しているかどうか心配な場合には、本人に確認してみる必要があります。

納税義務の承継については、ここまでとなります。

上記のように、未納の税金を相続したのではなく、相続税の申告よって、相続人自身が納付すべき相続税を滞納するとどうなるのか・・・

次回は、このケース(連帯納付責任)について説明します。


この記事の著者

飛田春陽

税理士

飛田春陽

高付加価値の提供により、顧客満足度を向上できるよう頑張ります。
どうぞよろしくお願いします。

札幌 税理士法人ノースブレーン

ページトップ